【体験談】セカンドストリートで新品のブランド品を売ってみた!率直な感想をレビューします

セカンドストリート

昨年、あるブランドの冬用ワイドパンツを定価で購入しました。

通販サイトで購入した為、試着ができず、届いたパンツを履いてみると少し大きかったのです。素材もよく、オフィスでも、お出かけにも十分使える綺麗なグレーのワイドパンツでした。

サイズが合わなかった為、着用しないまま、クローゼットに眠っていました。

ワンシーズンが過ぎ、次のシーズンになっても、やはりサイズが合わないことで着ることはなく、袋をかぶったままでした。

店舗、セカンドストリートですぐに手放すか、メルカリで売るか??

どっち?

さて、このワイドパンツをどうしようかと迷いました。

まず、妹に声をかけました。「このパンツ、一度も履いてないんだけど、いらない??」妹の返事は、「サイズが合わないからいらないわ。」とのことでした。

捨てるには勿体ないです。友人にあげるにしても、誰が似合う??そんな事を考えていたら、なかなか進まず、クローゼットの中でワイドパンツが眠る日々が続きました。

私には子供がいて、習い事で駅前に行きます。習い事に子供を送った後、ウロウロとショッピングを楽しんでいたら、「セカンドストリート」の看板が目に入りました。

入店すると、たくさんの綺麗な商品があることに驚きました。中古品であるにも関わらず、ブランド品では、わりと高値で売られています。

色々な商品を見てみていると、服を売りに来ていて、査定待ちの方がいることに気がつきました。

レジで店員さんとやりとりしている様子を見たり、店内の案内を見たりして、「あのワイドパンツもここで高値で売れるのではないか?」と思うようになりました。

しかし、店舗での引き取りは安値になるとよく聞きます。本当に高値で売れるのでしょうか。

私は普段、メルカリを愛用していますが、このワイドパンツは新品のブランドものです。時間はかかるが、「メルカリで地道に売った方が高く売れるのではないか?」と悩みました。

セカンドストリートで初めて売ってみた。

初めて売る

悩みに悩み、出した答えは、「とにかく、この新品パンツを早く手放したい。セカンドストリートでも、新品なら高値で売れるだろう。売ってみよう。」とセカンドストリートでうることに決めたのでした。

後日、子供の習い事へ送った後、再びセカンドストリートに入店しました。一万円ほどした新品です。タグも付いています。高値で売れるに違いないと査定をお願いしました。

初めての査定でしたが。簡単なものでした。住所、氏名を書き、身分証明書を見せました。パンツを出し、20分ぐらい店舗内で待っていました。

すると、自分の番号がアナウンスされ、ドキドキしながら、レジへと向かいました。いろいろ説明を聞き、査定をされた値段は、「700円」でした。

どうでしょうか。700円。安いのか、高いのか。店舗で売ると、10円や100円ほどが多いのでしょうか。初めての私には、その基準もありません。

「この査定額で宜しければ、サインをお願いします」と店員さんに言われました。ここで断っても、またこのワイドパンツがクローゼットに眠る光景が頭に浮かびました。

私は迷う事なく、サインをして、長く履かないまま置いてあったワイドパンツと別れを告げたのです。ここまでの道は、長いものでした。

メルカリで売ればよかった。

反省

さて、このワイドパンツ「700円」ですが、私としては、「安いな。」との感想でした。正直言って、もう少し高値、1200円ぐらいにはなるかなと思っていました。

そこで頭をよぎったことがあります。「メルカリで売ればよかった。」です。

私は普段、メルカリを愛用しています。読書が好きなので、新書をよく購入します。一度読むと納得し、メルカリで売ります。新書だったら、7割8割ぐらいの値段で売れます。

私の服も売ったことがあります。同じブランドのもので、似たように試着せずにネット購入したワンピース。そのワンピースふ6000円ぐらいでしたが、メルカリでは、980円で売れたのです。

メルカリでは、ブランド物の服は、高値で売れるのです。

しかし、そのワンピースを売るには、時間がかかりました。半年ほど待っていたような記憶があります。根気強く出品していたのです。

その経験を思い出し、ワイドパンツと早くお別れしたい、早く売ってしまいたいと急いでしまった自分に後悔しました。

あのワイドパンツも、メルカリで根拠強く売っていたら、半額ほどの5000円でも売れていたかもしれません。

「メルカリで売ればよかった!」売り急いでしまった自分に後悔しました。

時間がある人は、メルカリで気長に売る方が倍以上の値段で売れるのではないか。

まとめ

ブランド物の新品ワイドパンツを700円で手放してしまった私の経験をお伝えしました。身の回りにはいらなくなった物、まだ綺麗で使える物が溢れています。

自分が必要としない物でも、どこかの誰かが欲しているのです。物を大事にする心。

たくさんの物が溢れる消費世界の中で生きている私たちですが、手放す物にも命を吹き込みたい。できることならば、高値で売り、その資金を他のものに有効に使いたいものです。

今回私は、新品のワイドパンツを売り急いで後悔しました。もしも皆さんに時間があるのならば、私は店舗で物を手放すよりも、メルカリで根拠強く、少しでも高値で売る方が良いと感じました。

皆さんが物を手放す際の参考になれば嬉しいです。