不用品が人に渡り再利用される「リユース」は社会貢献にも繋がる!

昨今、各種リサイクル法が制定されたり、中古品の購入ニーズが拡大しています。

3つのRがキーワードになっており、

  1. リユース(Reuse)
  2. リデュース(Reduce)
  3. リサイクル(Recycl)

の3つが注目されています。

リサイクルは・・・・

使った製品を資源状態に戻し、資源を使ってもう一度製品化することです。

リデュースは・・・・

ゴミの量を減らすことで、ゴミ処理のためのコストを抑えるのが目的です。

リユースは・・・

不要になったブランド品や家電などが含まれており、リサイクルショップやフリーマーケットなどで売買します。

なぜ「リユース」が見直されているのか?

「リユース」は一度使用したものをもう一度使うことで、再利用することになります。

リサイクルと少し違っていて、リサイクルの場合製品を粉砕し溶解し、分解して原材料化して再び資源とすることです。

そのままの形状で使うことはなく、形を変えて利用することが多いです。

リユースの場合製品や部品などを解体せずに、そのまま使うことになります。

リユースの例として、例えば瓶を洗浄したり殺菌しもう一度使うというリターナブル瓶の使用などが対象です。古くなったりもう着なくなった洋服を誰かにあげたり、ぞうきんとして再利用することもあります。

シャンプーやトリートメントは詰め替えして、容器を再利用することが可能です。空き瓶などを花瓶にして使ったり、牛乳のパックを小物入れに利用することもできます。

買取ショップやフリーマーケットなどの利用も「リユース」です!

もし家具が壊れたなら、買い替えないで修理して使うケースも多いです。

リサイクルショップも実はリユースショップになるのですが、不要品を捨てる際、異なる使い道がないか日頃から意識してみると、意外と再利用することができるかもしれません。

発想次第で日々の行動をリユース活動に変化することができ、社会に貢献することができるでしょう。

「リユース」にはいろいろなメリットがある?

リユースはさまざまなアイテムをそのままもう一度使うので、運搬したり再生にかかる時間や手間、費用などが不要です。

新しく製品を製造するため必要なエネルギーがいらないので、資源問題を考えた方法になります。リサイクルが必要な大規模な施設なども設置することもなく、中古品を再販売することになるので過剰な消費を抑えることが可能です。

新品を買うより買取ショップなどで中古品やメンテナンスされたものを購入した方が、お安く購入することができるのでお得です。

知り合いにあげる、フリマで売るのも「リユース」なの?

知り合いにあげるのもリユース活動の一つになり、フリーマーケットで古着や日用品を売り出すこともリユースになります。

自分には不用品であっても、他の人にとってはお得な買い物になるかもしれません。

製品の平均的使用年数を延長することができたり、長い目で見るとゴミの削減にも貢献しています。

身近なところで社会貢献をしている!

二酸化炭素の排出量を削減するのに役立ったり、過剰生産を抑えることが可能です。

中古品として社会において利用されるので、新しい製品のリリースの抑制にも繋がります。

中古品を使うとゴミとして処分する量を抑制するのに繋がるので、身近なところで社会貢献することができます。

メルカリなどのフリマアプリやヤフオクなどのオークションなど、リユース品を購入できる場所が増えているので以前より購入しやすくなりました。

「中古家具」のニーズが高まっている!?

よくリユースの対象になるのが家具で、中古家具のニーズは高まっています。

ヤフオク以外の様々なオークションサイトでも売買することができますし、ジモティなどでも家具をあげたりもらったりできるようにもなってきていますよね。

主なアイテムとして食器棚や洋服箪笥、椅子やソファなどの家具があります。中古家具をおいているリサイクルショップも多く、引越しで纏めて買取を利用したり、新生活のために中古家具を購入する人も多いです。

洋服のリユースも多い!

洋服のリユースも多く、サイズが合わない洋服や、着なくなった洋服などをリユースすることができます。

メルカリなどのフリマアプリはもちろん、公園などで行うフリマでも洋服を見る機会は多く、ヤフオクなどのオークションで売買することが可能です。

ブランド品などをお得な価格で購入することもできますし、メルカリには新品未使用品も多く、通常のネットショッピングのように注文することができます。

リユースせず捨てると「ゴミ」が増えるだけ!処分コストは税金から支払われている?

リユースを利用すると、ゴミ処分費用を軽減することが可能です。家庭や会社などから出たゴミは自治体が回収しており、ゴミ処分場において焼却したり埋め立てすることがあります。

処分にかかるコストは税金から支払われており、積極的にリユースすることによってゴミ排出量が削減されたり、税金を節約することが可能です。

簡単にリユースするなら、エコリングなどの買取業者を利用すると便利でしょう。

さまざまな日用品や家電、楽器、ゴルフ用品やお酒なども対応しているので、まとめて依頼することができます。

最小限のアイテムを最大限利用する「ミニマリスト」の影響も?

以前は大量生産や大量消費の時代で、まだ使えるような製品を捨てることが普通でした。わざわざ使い込んだり、古さに味わいを持って楽しむ人は少なかったでしょう。

近年必要最小限のアイテムで生活する「ミニマリスト」という生活が注目されています。最小限のアイテムでこれらを最大限活用するのがクールという時代になってきました。

アイテムをリメイクして再利用する事が新しくもあり魅力?

アイテムを長く愛用したり、捨てるのではなくリメイクして再利用することに、新しさや魅力を感じる人が増えています。

一昔前ではアイテムを再利用することは当たり前のことでしたが、現在あらためてこのリユース活動が見直されています。

アイテムを大切に扱ったり、リユースすることによって身近なところからエコ生活を始めることが可能です。

もし不用品が家にあるならあなたもリユースしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。