プロジェクター(自宅・ビジネス用)は買取可能?おすすめの買取業者3選!失敗せず高値で売る方法とは

プロジェクター

不要になったプロジェクターは買取してもらえる?無理?

プロジェクターは買取してもらえる?

会社等に勤務している人は、いちどぐらいプロジェクターの存在を見たことがあるかもしれません。これは、パソコンなどを使いプロジェクターとトースト映像のようにExcelの画面が見えるものになります。

白い壁などが必要になりますが、それさえ用意してあれば簡単に会議などで使うことができるわけです。ですが、これが入らなくなるケースがあるかもしれません。

もしこれが必要なくなった場合には、買取をしてくれるか問題になりますが実際に買取をしてくれる店舗がたくさんあると言えるでしょう。

プロジェクターの買取相場は?買取市場での人気機種は?

おすすめは

会社で所有しているプロジェクターにも様々な種類がある中で、プロジェクターの金額は一般的に安いものだと一万円を切るものもありますが、平均的には60,000円位と考えて良いかもしれません。

スクリーンなどを含めると200,000円位かかることもありますが、今回はプロジェクターのみの金額を考えてみます。購入価格が仮に60,000円だった場合、買取相場いくらぐらいになるか問題になるわけです。

基本的に、プレミアなどがつくケースはほとんど考えられません。全く考えられないわけではありませんが、はっきりって期待しない方が良いでしょう。

なぜプレミア価格がつくことを期待しない方が良いかと言えば、単純な話で趣味の物では無いからです。趣味のものの場合には、手に入りにくいものは定価以上が低下の何倍かで買い取る人がいるわけです。

例えば、昔のゲームソフトは5000円位ですが、日本に数台しかないようなものはその10倍位で売れるようなケースもあります。

このように趣味の物が高値で売れるわけですが、プロジェクターは会社の機器の1つでありまず高値で変わる事はありません。たいていは定価の半分か、半分以下になると考えておいた方が良いかもしれません。

プロジェクターを買取しているオススメ業者3選

注目

では、プロジェクターを実際に売却しようと考えている場合、どのような買取ショップがあるでしょうか。

買取業者には様々なところがありますが、可能な限り高値で買取をしてくれるところが良いかもしれません。

1つは、誰もが知っているブックオフになります。この会社は言うまでもなく、全国展開している古本屋さんですが、最近は古本以外にも様々な商品を扱っています。

やはり電子書籍が出ている今、古本の販売だけでは経営的にやっていくのは難しいのでしょう。

買取価格は、アルバイトが査定をしますがマニュアル通りに行うためお店によってそれほど大きな違いがあるわけではありません。ほぼ同じ金額と考えてよいでしょう。

2つ目の会社は、買取王子と呼ばれるところになります。この店は、全国展開しているわけではないため直接お店に行く方法もありますが、大抵の場合はお店のほうに来るケースは少なく宅配になるはずです。

つまり、プロジェクターを売却したいと述べ、その後会社の方からお店に配送してほしいと言われるわけです。

そこで査定を行い問題なければそこで買取をしていきます。基本的にネットでやりとりを行うことがt中心になります。

3つ目は、リサイクルショップのアバックと呼ばれる店で高価買取をしてくれるのが特徴かもしれません。

プロジェクターを高く売るためのコツ・ポイントは?

ポイント

現在会社にあるプロジェクターを高く売るためには、どのようなコツやポイントが必要なのでしょうか。

まずきれいな商品は比較的高値で売れる可能性があるわけです。見た目がきれいな事は非常に重要であり、そのお店に行ったときの第一印象と言っても良いかもしれません。

基本的に個人で扱っているわけでは無い為、会社のものであればよほど古いものでない限りそこまで汚れているあるいは傷が付いているものはないかもしれません。

ただ場合によってはいろいろな人が使うことから、傷がついてしまうケースもありこの辺は会社によって変わってくるところです。

次は、時期をよく考えて売却することが必要になります。高く売れる時期とそうでない時期があるため、これをじっくりと考えてどのタイミングで買取してもらうのが良いか見定めましょう。

大抵の場合、3月ぐらいになると強化買取をしてくれる可能性があります。

そのタイミングは、ホームページ等にその情報が掲載されているため、お店のホームページを定期的に確認をしておくのが良いかもしれません。

お店のホームページは、特に毎日確認をする必要はありません。ですが、最低でも1週間に1度ぐらいは確認をしておいた方が情報を取り逃す事はなくなるはずです。

プロジェクターを売る時の注意点は?

注意点

いらなくなったプロジェクターを売却する場合、どのようなことに注意をしたら良いか問題になります。

まず、自動車などとも同じように型落ち等は安く買い叩かれる場合があるため注意をしなければいけません。

せっかく50,000円以上出して購入したものであっても、ひとつ前の商品の場合には、特に動作に問題がなくても高値で売れない可能性があります。

何故かと言えば、少なくとも日本人は新しいものを好む傾向があるからです。

古いものをじっくり使う人もいるかもしれませんが、基本的に市場では新しいものを買い求めるお客さんの方が圧倒的に多くなります。

そうすると、型落ちのものに関しては、どうしても性能が古いと考えられてしまう傾向があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。