ボロボロの剣道防具は買取してもらえる?方法・コツ・注意点を解説します!

剣道防具の買取

押し入れやクローゼットなど収納の整理をしていた時に「あれ?こんなものまだあったんだ?」と思うものが出てきたりしますよね?

幼少期〜学生時代に使用していた剣道防具や大人になってから趣味で使用していた剣道防具などはその一例だと思います。

そんな時「こんなボロボロだし捨てるしかないか」と思わずにまずは「買取してもらえるかな?」と考えてみてください。

なぜならそんなボロボロになった剣道防具でも買取してもらえる可能性が十分にあるからです。

今回はボロボロになった剣道防具をどのようにすれば買取してもらえるか?

処分するにせよ無駄な費用がかからずに処分するにはどうすればいいか?などにフォーカスして詳しく解説します。

意外と家の奥にしまってある剣道防具。不要になった剣道防具はそもそも買取してもらえる?もらえない?

まるばつ

日本のぶどうは、世界中に流行っているといえます。

例えば柔道等は、なぜかフランスやロシアの方が競技人口が多いと言われているほどです。

もともと日本発祥であることを知っている人も多いかもしれませんが、海外ではフランスやロシアが発祥と思われているきらいがあります。

剣道などでも、海外で大会はあまり言わないものの日本で古くから親しまれていた剣道が現在の形にも残っているといえます。

本物の刀を使う事はありませんが、竹刀を使って腕を競い合うスポーツは、あまり多くありません。もし剣道防具がある場合、そもそも買取をしてもらえるかと言えば、買取は可能です。

剣道防具の買取相場は?状態でも変わる?

剣道防具の買取相場

中学校や高校生の時にあるいは小学生の時に剣道をスタートした人も少なくないはずですが、この時どれぐらいの費用がかかるのでしょうか。

剣道防具に関しては、ピンからキリまであるため1回にいくらぐらいになるかとは言えません。ただ一般的に販売されているものであれば、安いもので10,000円から20,000円のものがあります。

初心者の場合は、まず安い10,000円から20,000円のものからスタートした方が良いかもしれません。

ただこれらは利用していると、少しずつ状態が悪くなっていきすぐに新しいものに買い替えなければいけなくなる可能性があります。

ある程度腕前がついてきたら30,000円から50,000円のものを利用しても良いでしょう。

驚くべきことに、市場には1,000,000円を超えるようなものも出回っています。

これは本格的に剣道を極めた人が着用するものと言って良いでしょう。さすがにそのレベルになると、買取価格も500,000円を超えることが少なくありません。

このように考えれば、非常に買取をする場合面白い結果が出るかもしれません。一般的には、10,000円未満になることが多いため、あまり期待をしすぎないほうが良いです。

積極的に剣道防具を買取してくれる業者3選

業者3選

長年剣道を行っていた人には、それを手放すのは惜しいと感じるかもしれません。

しかし、人間は何でも取っておけば良いと言うわけではなく、必要に応じて捨てることも重要です。

もし捨てることができなければ、部屋の中がゴミ屋敷のようになってしまうかもしれません。そこまで行かなくても、クローゼットにはものが入らないほど荷物が溢れている状態が続く者です。

これらを防ぐためには、利用していない剣道の剣道防具は売却した方が良いといえます。

どのようなお店が買い取りしてくれるかと言えば、剣道防具買取本舗が1つに該当します。

それ以外でも、インターネットを通じて明山堂と呼ばれるところがあります。

さらには、買取屋さんグループと呼ばれるところがあり、正しく群雄割拠と言えるかもしれません。

そこまで大げさなものでは無いにしても、とにかく買取をしてくれるお店を探すとはそれほど難しくないことが理解できます。

では実際に、お店に持っていった場合いくらぐらいの金額になるかと言えば、利用すればするほど価値が落ちるため間違いなく半額以下になっているケースが多いです。

ただ、ブランド物の場合はなかなか値段が落ちにくく、それなりの金額で売却できる可能性もあります。

少しでも剣道防具を高く売るためのコツ・ポイントは?

剣道防具を高く売るコツ

稼ぐお金にかかわらず、買取をしてもらったときのお金もやはり高い方が良いに決まっています。高い買取を期待する場合には、そのコツを知っておいた方が良いと言えるわけです。

では実際に、どのような注意点やコツなどが必要になるでしょうか。これに関しては様々な意見はありますが、まず時期を考えなければいけません。

剣道着を売却するときのコツですが、一般的に4月位からスタートする人が多くなります。

例えば中学校の部活や高校の部活に入った場合、その時期からスタートするケースが少なくありません。そうすると、すでにその前の段階で買取強化がされている可能性があります。

例えば2月から3月などは、かき入れ時と言えるわけです。この時期に売却をすれば、通常よりは若干高く売れる可能性があるといえます。

それ以外には、定期的になりますがお店によってキャンペーンを行っている時を狙うわけです。

買取のお店は、他のお店からたくさん剣道防具を買い取って欲しいなどと頼まれることがあります。

この時お店にたくさんの剣道防具があれば良いですが、ない場合はお客さんから集めるしかありません。

この時に、高価買い取りキャンペーンなどを行い商品をたくさん集めるわけです。結果的にその直に売却すれば通常よりも高く買い取ってくれる可能性も否定できないわけです。

剣道防具を売る時の注意点・この記事のまとめ

まとめ

これから剣道を売却したい、とにかくいらないものなので売ってしまいたいと考える人もいます。このときの注意点はどう考えたら良いのか気になるところです。

基本的に依頼者としては、きれいな状態にしておくことです。

傷等があるのは仕方がないかもしれませんが、大きな傷があったりパーツが破損している場合は高値で売れない可能性があります。

ただだからといって、その部分を修理して売却するべきではありません。なぜなら修理をしたときの費用の方が大きくなってしまうケースがあるからです。

修理が10,000円だった場合、買取価格がそれ以上に上がるかと言えば上がらず5000円程度しか上がらないケースもあります。

そうすると、修理をしただけ損することになるため下手に修理をしない方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。