家具買取サービスの業者選び方法|高く買取ってもらうには?買取不可な家具もある?

家具買い取り

家具は種類も多く、大きい家具となると処分するのに労力が必要となります。しかしこのような場合に便利になるのが、家具買取サービスです。

そんな家具買取サービスを利用する場合には、業者選びが重要です。そこで、家具買取サービスの業者の選び方のポイントについて紹介します。

さらに家具を少しでも高く買取ってもらうには、どのようなことをすれば良いのか、その方法も紹介していきます。

一方買取をしてもらえない家具には特徴があるので、併せて解説します。

家具買取サービスの業者選びのポイントとは

ポイント

家具買取サービスを利用するときには、重要なポイントがあります。ポイントとなるのは、業者選びが重要になります。

業者選びのポイントとなるのは、売りたい家具の買取に、その業者が力を入れているかどうかがポイントです。その理由は家具を扱っている業者でも、どの品目に力を入れてるかは業者により異なるからです。

そのため、力を入れている品目なら他の業者よりもスタッフの経験や知識が豊富になるため、適切な査定の価格を提示してもらうことが可能です。

さらに自社で修復をしている業者なら、外注へ発注するコストが減るため、少しの汚れや傷でも減額される場合もあるので選ぶポイントです。

また住んでる地域が、出張買取の対応エリアとなっているかどうかも選ぶポイントです。それは業者によっては、本社から離れていると対応していない場合があるからです。

そのため特に大きい家具などを売りたい方なら、自分の住んでる地域が対応エリアになっているか確認することが重要です。

そして家具買取サービスの中には、買取店の独自のキャンペーンがあるため選ぶポイントなります。買取業者の中には、まとめ売りでボーナスがもらえたりできる業者もあるからです。

例えばまとめ売りをした場合、買取点数に応じ買取価格が加算されるところなどがあります。

このように元々の査定価格が安かった場合でも、買取金額が上がるチャンスもあるため独自キャンペーンがある業者を選ぶのが重要です。

また引っ越しを考える方なら引っ越し業者自体で家具の買取査定や、買取をしてもらえるところもあるので確認するのが重要です。

引っ越し業者によっては、引っ越しのときに不用品の査定や買取を一緒にしてくれる業者があるためです。

そのような業者の場合、買取金額を引っ越し代金から引いてもらえたり、値段がつかない物でも引き取ってもらえます。

引っ越し業者に査定や買取を頼めば、引っ越しの作業と同時に不要な家具を引き取ってもらえるため、多くの業者とやり取りする時間を減らすこともメリットにあります。

もちろん、家具を引っ越し直前まで使えるのでメリットは大きいです。

家具買取サービスを利用して少しでも高く買取りをしてもらう方法とは

少しでも高く買取りしてもらう方法

家具買取サービスを利用した場合少しでも高く買取ってもらう方法があり査定を頼む前には、家具のホコリや汚れを落とすことが大切です。

なぜなら前もって掃除をし綺麗にすることで、保存状態が良いと評価され高く買取してもらいやすくなります。

しかしこのときには完全に汚れを取り除こうとして無理に掃除すると、家具を傷つける可能性もあるので落とせる汚れのみ落とすのがポイントです。

またWEBで事前に査定し、複数の買取業者の買取価格を確認するのも方法です。それは業者によって査定基準や在庫が異なるためで、同じ家具でも価格が出ます。

そのため1社だけで検討すると、相場よりも低い金額を提示され損をする可能性もあるため、複数の業者で査定してもらうのが良いです。

また査定をしていない業者なら、他社での事前査定で相場を掴んだ後に査定依頼をするのが方法です。

そして家具の付属品は、なるべく揃えた状態で査定に出すのも重要です。それは購入したときの付属品が揃っていることで、新品の購入時と近い状態となり高い買取価格を提示されやすいです。

さらに家具の付属品は説明書や保証書、予備部分などで、付属品が欠けると種類によっては大幅な減額になるので注意も必要です。

季節性のある家具なら、使用時期よりも前に売るのが重要です。その理由は季節性のある家具は売る時期によって買取価格が異なり、使用時期の少し前に買取へ出すと高値がつきます。

例えば新生活の始まる4月頃なら、テーブルやチェアなどの需要が高まるので1月から2月辺りに売ると高値が期待できます。さらにこたつも、秋頃に売ることで他の時期よりも高く買取をしてもらえます。

また家具の処分を決めたらなるべく早く売るのも重要です。それは購入から時間の経過していない家具となると、高値が付きやすくなるからです。

アンティーク家具を除けば時間が経つと買取価格はどんどん下がります。そのため売却を考えてから数ヶ月放置すると損をすることもあるので、季節性のないソファなどなら早めに事前査定や買取を申し込むのが手段です。

家具買取サービスで買取をしてもらえない家具とは

NG

家具買取サービスでは、高い価格で買取をしてもらえる家具は多くあります。しかしその一方で買取をしてもらえない家具があり、特徴があります。

それはどのような家具かといえば、かなり状態が悪くなってしまっている家具です。手入れをしても販売できる状態にならないと判断された物や、修復ができないほどの傷がある場合は買取を断われる可能性が大きいです。

もしも状態があまり良くない家具を売るときには、買取をしてもらえない可能性があることを前提に査定してもらうのが方法です。

また極端に古い家具も、買取を断られる可能性が大きいです。それは家具の買取は、年数が査定に影響するのが理由です。

買取価格が下がる目安は、一般的には10年と言われています。とは言うものの10年を超えている家具だとしても、もちろん買取はしてもらえることもあります。しかし、あまりにも古い場合は査定に影響が出ます。

そして運搬中に破損してしまう危険が高い家具は、買取を断られる可能性が高いです。特にガラス製の机の場合などは、価格の安い物が多く出回っています。

そのため、新品で購入する人がほとんどなので 、買取をされにくいのが現状になっています。

一方ガラス製でもブランドの物なら手間が掛かっても買取はしてもらえることが多いですが、安いガラス製品の場合になると買取を断られる可能性が大きいです。

また家具の中でもベットは、買取対象にならないことが多いです。なぜならベットはサイズが大きいので管理が大変だからです。またベットは衛生面も気にする人も多いため、ベット中古の需要が少ないのが理由になります。

さらに前もって査定してもらったときには買取ができると言われたベットも、実際にベットを見て買取不可になることもあります。そのため事前の査定では汚れがある部分も、全て写真で伝えておくのが手段です。

さらに組み立て式のテーブルやチェアなどの家具の場合、価格が付きにくい場合もあります。それは元々の販売価格が安いことや解体や組み立てのときに、傷が付きやすいのが理由になります。

もちろん全ての組み立て式の家具が、買取ができないわけではないのも特徴です。しかし基本としては、組み立て式の家具は高値での買取は期待できない物になっています。

家具買取サービスの業者選びや高く家具を買ってもらう方法、そして買取をしてもらえない家具のまとめ

まとめ

家具買取サービスでは業者選びが重要で、売りたい家具に、その業者が力を入れているかがポイントになります。

また住んでいる地域が出張買取の対応エリアになっているのかや、キャンペーンを行っているのかも重要なポイントです。

そして少しでも高く家具を買取ってもらうためには、家具のホコリや汚れを落としてから査定を頼むことが大切です。

さらに複数の買取業者の買取価格を確認したり、家具の付属品は揃えておくことも高く買取をしてもらう方法です。

また家具査定サービスで買取をしてもらえない家具は、かなり状態の悪くなってしまっている家具です。そして極端に古い家具も買取してもらえない可能性が高く、運搬中に破損の危険のある家具も買取は断われることもあります。

ベットはサイズも大きく管理も大変になるため買取ができない場合もあり、組み立て式の家具は高値で買取ができない物になっています。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。