電動自転車をお得に売る方法は?電動自転車の買取相場を徹底検証します!

電気自転車

電動自転車について買取の相場を徹底的に検証をいたします。

そのうえで、なぜ、電動自転車は売買が成立するかと、不成立になる場合、どこが問題になるかを紹介していきます。

たとえば、この自転車は、同じモデルなのになぜ、こちらは売買が成立して、こちらは成立しないのかという疑問について解説をいたします。

なお、問題点の指摘についてはできる限りシビアな意見を取り入れつつ問題点を解説していきますのでご覧いただければ幸いになります。

電動自転車は実は、バッテリーの劣化度合いで値段が大きく変動する

電動自転車のバッテリー

電動自転車の買取が成立する理由は、バイクよりも安価で、自動車よりも安価であり、免許を必要としない商品であるため、気軽さがあり人気のある乗り物であるからです。

そのうえで、電動自転車は、買取の相場を語るに際してまず知ってほしい部類に自転車のバッテリーの劣化という問題があります。

そのため、このバッテリーが劣化しているかどうかをチェッカーで調べてから査定額を明記しますので、バッテリーがダメな場合どんなに高性能な電動自転車であろうと値段はつかないです。

なぜ値段がつかないのか?

ではなぜ、値段がつかないの?という疑問ですが、これはバッテリーの交換の手間とバッテリーの入手というシビアな問題です。

通常の自転車やロードバイクにマウンテンバイクという自転車は一応、劣化した部品の交換が可能で既存の物と異なる者を使用して修理というものが可能なのですが、電動自転車の場合、自転車本体の修理はできてもバッテリーの修理はできません。

よって、バッテリーを中古で買取店側が入手するという博打のようなものに打って出るか、新品だと言われているバッテリーを取り寄せて交換する必要があるため、かなりお店側はリスクを背負う上で買取をしないといけなくなりますので、バッテリーの状態が怪しいものは、買取不可能という形で買取を断るわけです。

逆を返せば、バッテリーの入手が安易であれば、買取店側は喜んで電動自転車を買い上げ、商品として第3者に提供できるため買取額が大幅に上がると言わけです。

「約2万円台」の買取価格を超えることは稀?

価格交渉

電動自転車の買取ですが、どのようなメーカーであっても本体購入額を大きく下回り、おおよそ2万円当たりの金額で買取をするのが電動自転車の買取額の平均です。

なぜこの相場価格でしか買取しないのか?

ではなぜ、この価格でしか買取しないのか?

その理由はバッテリー価格の問題になります。高額な電動自転車のバッテリーは5万円を超えてしまう事が多く、そのため買取する側はこの時点で5万円分のリスクを負います。

その5万円分のリスクを取り返してこの商品を第3者に売買しようと考えた場合、買取額をおおよそ2万円程度に抑えて買取をするという方法を取らざるを得なくなるため、使用済みの電動自転車は高額買取というものが成立しないのです。

業者側はすぐにバッテリーの状態が分かる!?

しかも、バッテリーの状態はチェッカーで調べると即座に劣化しているかどうかが分かります。

ですのでこのバッテリーはもはや機能していないということもすぐに分かってしまうため、たとえ人気のある電動自転車でもおおよそ2万円でしか買取が成立しないというわけです。

バッテリー自体の交換自体はとても簡単なんですが、肝心のバッテリーの新品の価格帯が自転車と変わらないくらい高いという場合もあります。

そうした場合、買取店側は何のために自転車を買取したのかわからないという問題に陥るため、現在7万円程度で売られている電動自転車の買取額はおおよそ2万円になり、それ以上の物もバッテリーの交換を考えた場合、それ以上の買取額を提示できないというわけです。

互換バッテリーは電動自転車の安全性を保障しない

安全性は?

では、互換バッテリーというものを電動自転車の買取店側が利用すれば、買取額をアップさせるためのバッテリーの交換代金を抑えることができるのでは?

このように考えた場合、これはある意味では正しい答えなんですが、実はこの答えは実行できない答えです。

なぜなら、互換バッテリーはあくまで一応、その電動自転車のバッテリーの機能を持つというだけで完全なる同じものではありません。

よってバッテリーが異常を起こして損傷して火災になるなどのほか、電動自転車自体が異常な動作をした場合、それら事故と言える状態を電動自転車を製造した会社が保証することはありませんし、事故が起きた原因について自分たちの企業が悪いということを認めることもありません。

危険なバッテリーを取り付けた業者に責任が発生する!?

なので、互換バッテリーをあえて取り付けたのは誰だ?という事態になると互換バッテリーを取り付けて修理をした電動自転車の買取店になるため、危険なバッテリーを取り付けた事業者側に責任が移行するのです。

そうなりますと、すべての互換バッテリーが異常を起こした場合、電動自転車を買取して第3者に販売している事業者はどうなるかを考えますと、おそらく会社は責任を取る必要性に追われてしまい、自転車の買取どころではなくなるでしょう。

電動自転車の弱点を知れば買取事情が分かる

電動自転車の弱点

電動自転車は、実のところ、バッテリーが弱点であり、バッテリーの相場を知れば買取事情がおおよそ判断できます。

大抵がバッテリーの新品の金額が2万円から5万園内で購入できるがゆえ、それらを引き算して商品を買取した場合、7万円程度の電動自転車であれば、2万円から5万円を差し引きすれば、大抵2万から5万円以内で買取が成立するというわけです。

要はバッテリーが安く自転車自体の価格が高いのであれば、車体の価値が上がりますので必然的に買取価格が上昇します。

しかし、それが難しいので買取額の平均が2万円から5万円までに収まればいいということになるのdです。

どんなに優れた家電メーカーが作り上げた電動自転車やスポーツタイプの電動自転車でも、2万円から5万円台に収まってしまうのはバッテリーがネックであるがゆえということです。

乗らなくなった自転車(ママチャリ)は買取に!売る方法や高く売るコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。