収入印紙って買取してもらえる?不要な収入印紙の買取方法・相場・3つの買取業者を紹介

収入印紙

収入印紙が必要な書類を提出しないことになった、買い過ぎで余ってしまったというときには、使い道がなくて困ってしまうはずです。

不要になった収入印紙に困っている人は少なくありません。

できれば買取してほしいと思う人が多いはずですが、これは買取してもらえるケースとしてもらえないケースがあります。

買取してもらうための条件や対応してもらえるサービスなどをあらかじめ確認しておき、スムーズに処分できるようにしておきましょう。

買取してもらえる場合の方法は?

方法

郵便局で購入できる収入印紙ですが、ここで買取を希望することはできません。

手数料を支払った上で額面を変えてもらったりデザインを変更してもらったりすることは可能ですが、買取は不可となっています。

そのため、不要になった収入印紙をどうすることもできないと諦めてしまう人が少なくないです。けれども、実は金券ショップで買取を依頼することができます。

金券ショップは商品券やギフト券、切手や新幹線の回数券などの買取にも応じていますが、収入印紙の買取も対応してもらえる可能性が高いです。

ただし、全てのショップで対応してもらえるとは言い切れないため注意が必要だと言えます。

金券ショップは実店舗に足を運んで直接買取を行ってもらうこともできますし、サービスによってはネット上の手続きや郵送で対応してもらえることもあると知っておくと良いです。

近くに店舗がない、ショップの営業時間に持ち込むことが難しいという場合もあるはずですが、ネットサービスであれば場所や時間に関係なく対応してもらえるので安心だと言えます。

郵便局では絶対に対応してもらえないため、金券ショップの実店舗もしくは郵送サービスを利用する必要があることを覚えておきましょう。

収入印紙はいくらくらいで買取してもらえる?条件とかあるの?

収入印紙の買取は?

金券ショップで収入印紙を買収してもらう場合、95%ほどの換金率になることが多いです。

2万円分の収入印紙であれば1万8千円ほどでの買取が期待できます。

気をつけておかなければならないのは、95%の換金率が期待できるのはシートの場合や高額収入印紙の場合だということです。

バラバラでも対応してもらえることがありますが、その場合は80%から94%程度の換金率になることが多いと言えます。

10万円以上の収入印紙の場合は、96%から99%の買取が期待できることもあると知っておきましょう。

利用したサービスでの査定額が低かった場合は、他の店舗であればもっと高い値段をつけてもらえるかもしれないと考えられるようにしておくと良いです。

収入印紙を買取してほしい場合、条件があることも知っておくべきだと言えます。

使用していなくて1度書類に貼りつけてしまったもの、破れがあるものなどは買取に応じてもらえないことが一般的です。更に、200円以下の場合は買取不可となっているケースもあります。

細かい条件は利用する店舗ごとに違っているため、公式サイトで情報を集めたり、店舗のスタッフに質問したりすると良いでしょう。

お店によって違いはあるものの、このような相場や条件であることを知っておくと良いです。

もし収入印紙を買取してもらう場合はこの3つの買取業者(お店)がいい

 

【1】高く売れるドットコム

収入印紙の買取を行ってもらう場合、まずは「高く売れるドットコム」がおすすめです。

事前に電話もしくはオンラインで無料査定を実施することができます。収入印紙の状態と枚数を知らせておけば、査定額などを伝えてもらうことが可能です。

名前からオンライン専用サービスと勘違いされがちですが、店舗もあるので実店舗で対応してもらいたい場合でも安心だと言えます。

【2】バイセル

バイセル」もおすすめです。バイセルは収入印紙や切手、古銭の買取に力を入れているサービスだと言えます。

査定料も出張料も無料なので、本当に値段がつくかどうか分からないと感じている場合でも安心して利用しやすいです。

24時間コールセンターが機能しているため、いつでも問い合わせを行えるというメリットもあります。

【3】買取プレミアム

買取プレミアム」も便利なサービスの1つです。収入印紙や金券の買取実績が豊富なサービスであり、出張買取や郵送買取、持ち込みなどから最適な方法が選べます。

出張料だけではなく金額に納得しなかった場合のキャンセル料も無料であるため、利用しやすいと言えるでしょう。

収入印紙を売却したいと思っているのであれば、いずれかのサービスを利用してみることがおすすめだと言えます。

収入印紙を売る際の注意点・この記事のまとめ・締め

注意点のまとめ

収入印紙を売るときには注意点があります。

古いものをそのまま買取してもらえるケースもありますが、新しいデザインにすることで査定額がアップするケースも多いです。

郵便局での交換には費用が発生しますが、この費用を差し引いても交換しておいたほうが高く売れることがあります。

少しでも高く売りたいと思っているのであれば、利用するサービスで新しいデザインの場合との差額を尋ね、必要であれば交換してから買取を行ってもらうと良いです。

収入印紙は金券ショップを利用すれば買取を行ってもらえます。

使わないものを眠らせたままにしておくことは勿体ないので、これを売却する方法について理解を深めた上で行動に移すことがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。