【2022年最新】百科事典は高価買取してもらえる?おすすめ専門業者3選

百科事典

この記事を読んでいる方の中には 本棚の整理をしていたら「何これ?百科事典?」なんてことになった人もいるでしょう。

今後読まない不要な百科事典は捨てずに専門業者へ買取をしてもらうのが得策です。

意外と高額で取引しているとも言われていますので、今回は百科事典の買取について方法やオススメ買取業者などをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

不要の百科事典って買取してもらえる?無理?

百科事典って買取してもらえる?

不要の百科事典は場所を取ったり邪魔になりますが、買取してもらえるとしたら魅力的です。実際のところ、古本を扱うお店でも百科事典の買取を行っているお店は限られます。

理由としては中古の百科事典の需要が低いこと、情報が更新されたり新しい内容の百科事典を求める人が多いことが挙げられます。

ただ、古い百科事典を欲しがる人もいないわけではないので、買取を行っている業者も少なからず存在します。

そういう業者に査定を依頼して価格がつけば、買取が実現することになります。

百科事典はいくら程度で買取してもらえる?買取相場は?

買取相場

百科事典の買取価格はそれほど高くなく、大抵の場合は1000円から2000円くらいに収まります。

やはり中古市場で売れる可能性が低いこと、調べ物に使う都合上、汚れや傷みが目立つなどが理由です。

しかし、比較的新しいものであれば状態次第でもう少し高い買取価格に期待できますし、諦める必要は全くないといえるでしょう。

それからニッチな層に需要の高い百科事典は、買取してもらえるばかりか予想を上回る価格がつくこともあります。

特定のシリーズの特定の出版年の百科事典など、レア度の高いマニアにとって堪らないものには、中古でも高く買いたい人がいます。

つまり、そういう類の百科事典なら平均的な相場を超えた買取結果に期待が持てますが、大半は数千円で売れれば良い方ということになります。

価格がつかず買取不可の百科事典もあるわけですから、そう考えると価格がつくだけでもラッキーですし、予想以上の価格で売れれば万々歳です。

大切に持っておくことで価格が上がる可能性もないとはいえませんが、売りにくい百科事典は買い取ってもらえるうちに手放すのが無難です。

意外かもしれませんが、多くの人が知っている大手の百科事典は案外高く売れないです。

それよりもマイナーなタイトルの方が価格がつかない恐れもありますが、高く売れる可能性も秘めています。

不要な百科事典を高額買取になるようにするためのポイント

ポイント

不要な百科事典を高価買取で手放すには、出版されてからなるべく早いタイミングで査定を受けることです。

これは年数が経過するほど内容も古くなってしまい、百科事典としての価値が下がることにあります。

目安としては3年以内に手放すのが理想的ですが、査定が早ければ早いほど良いのは確かです。

これも当然といえば当然ですが、査定は1社だけでなく複数に依頼して比較することが大切です。

一括査定が利用できれば便利ですが、少なくとも3社に同条件で査定を受け、その結果を比較した上で売却先を決めることです

1社のみだと査定で高額がつく可能性は低いですが、2社3社と数が増えるにつれて、期待が高まり可能性もアップします。

ポイントはやはり条件を揃えることで、タイミングもなるべく同じ方が良いでしょう。

有名な百科事典については、ネットで買取価格が確認できる場合もあるので、ネット上の価格も参考にしてみることをおすすめします。

このように、手間を掛けることが高額買取実現のチャンスに繋がりますから、諦めたり簡単に売却を決めてしまわないことが大事です。

買取に出さない限りは売却する価格は確定しませんし、諦めない限り高額買取実現の可能性があるので、最後まで信じて納得の条件を提示する業者を探すことが重要です。

百科事典を買取、処分してくれる3つの専門業者

3つの専門業者

百科事典を買取、処分してもらいたいなら、専門書を取り扱っている買取店藍青堂書林がおすすめです。

藍青堂書林は必ずしも百科事典の専門というわけではありませんが、人文や歴史に理学といった、辞書を含めた書籍を扱っているのが特徴です。

買取方法が店頭や出張に宅配と幅広く、1冊ずつ丁寧な査定を約束しているので、利用しやすく安心して任せられます。

駿河屋は百科事典以外も取り扱っていますが、百科事典の買取もしているのは間違いなく、過去には高価買取が実現しているケースもあります。

販売も行っているので市場のニーズを理解していますし、ニーズの変化に敏感ですから、常に最新の状況に応じた査定に期待できます。

当然ながら買取不可の百科事典もありますが、査定や売却の候補の1つとして検討に値するでしょう。

厚生書店は他店で買取していない百科事典も査定、買取している業者です。

大阪に拠点がある業者で出張エリアは大阪と近畿に限られますが、買取品目次第では全国出張対応もあるので、まとめて大量に売りたい場合などに相談をおすすめします。

百科事典を始めとして専門書なども幅広く扱っていますから、他の買取業者とは違った査定結果に期待が持てるでしょう。

百科事典をフリマアプリ、オークションで売る場合の方法

百科事典をオークションで売る方法

百科事典をフリマアプリやオークションで売りたい場合は、状態が分かる詳細な写真を撮影して、正確な説明文を添えて出品することが基本となります。

百科事典に限らず、個人売買はトラブルのリスクがありますから、トラブルを回避するためにも可能な限り情報を提供することが重要です。

フリマアプリだと相場を参考に価格を設定することになりますが、オークションはなるべく低い金額からスタートするのが良いです。

それと出品期間はできるだけ長く設定して、期間中に出品していることを広くアピールして興味を持ってもらうのが正解です。

価格が固定のフリマアプリは、妥当な価格設定での出品が難しいことから、オークションとは逆に高めに設定して価格交渉の希望があれば下げる方向で検討するのが賢明です。