カセットテープは買取してもらえる!処分に困ったら売りに出そう

押入れから昔のカセットテープが出てきた…。
もう使わないカセットテープがたくさんあって困っている…。

そんないらないカセットテープを持っている方は、買取に出すことをおすすめします。

今さらカセットテープなんて売れるの?と思うかもしれませんが、音楽カセット・録音用カセットどちらも売れるので安心して下さい!

そこで今回はカセットテープを買取してもらう方法や高額買取のコツなどを、詳しくご紹介したいと思います。

カセットテープは今でも買取してもらえるの?

カセットテープと言えば昭和から平成初期にかけてが全盛期でした。今は使われることがあまりなくなりましたが、実はまだ需要はあり買取もしてもらえるものなんですよ。

  • 録音用カセットテープ
  • アニメソング
  • 80年代90年代のJ-POP
  • 演歌

など、録音カセットや昔の音楽カセットでも買取はしてもらえます。

今はスマホやPCなどで音楽を聞くのが主流になっていますが、スマホ世代に当てはまらない年配の方などから、今もカセットテープは重宝されています。

使っている人がいる限り需要はありますから、買取もしてもらえるというわけですね。

カセットテープを買取してもらう方法

今でも売れるカセットテープですが、どんな買取方法があるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

リサイクルショップに売る

まずご紹介するのは、リサイクルショップに売る方法です。

皆さんが住んでいる地域にも、リサイクルショップがありませんか?小さいお店だと買い取ってもらえないこともありますが、大型リサイクルショップではカセットテープの買取をしてるところも多いです。

近くのお店に持って行けば手間も時間もかかりません。しかしリサイクルショップの場合、音楽関連用品や家電類を専門的に扱っているわけではありませんから、査定額が安くなりがち。

手軽な方法ではありますが、買取金額はあまり期待できないのが本音です。

ネットオークションやフリマアプリに出品する

ヤフオクやモバオクなどのネットオークション、メルカリやラクマなどのフリマアプリに出品して売る方法もあります。

未使用の録音カセットなら300円~500円程、歌手やアニソンの音楽カセットは1,000円~3,000円程で出品されています。なかには2万円以上の価格で出品されているものも。発売当時から手に入りにくかった音楽カセットは、高額で売れるケースもあります。

ネットオークションやフリマアプリは自分で売りたい金額を決められるので、リサイクルショップよりも高額で売れるでしょう。

また実際に売れているものを探してみると、5個~10個などまとめ売りで出品されているものが多いです。

買取業者に売る

カセットテープを買い取ってくれる買取業者もあります。

買取業者に依頼をすると人気メーカーの録音カセットや、今も需要が高い音楽カセットなどは、高額で買い取ってくれるケースが多いです。

リサイクルショップの場合一律料金の査定額が付くことも多いのですが、買取業者なら市場相場や価値を踏まえた上できちんと査定を行ってくれるので、高額査定も期待できます。

また売りたいカセットテープがたくさんある場合、配送や出張買取もしてくれるので便利ですよ。

おすすめの買取業者をご紹介しますので、よかったら参考にしてみて下さい!

1.【東京コレクターズ】
https://tokyocollectors.net/hinmoku/cassettetape/

2.【松田書店】
https://books-matsuda.com/genre/cd-dvd/cassette/

3.【宅音便】
https://www.koberecord.com/casette.html

カセットテープを高額買取してもらうポイント

カセットテープを高額買取してもらうには、どんなポイントがあるのでしょうか。

できるだけまとめて売る

売りたいカセットテープがある場合、できるだけまとめ売りすることをおすすめします。

というのもネットオークションやフリマアプリの場合はまとめ売りの方が売れやすいのと、業者に売る場合もまとめ売りすることで査定額が上がるケースもあるからです。

ネットオークションなどを使った場合は、まとめて買いたいという需要が高いことが理由ですね。

一方でなぜ業者でもまとめ売りを勧めるのかというと、複数アイテムの買取で査定額をアップしてくれる業者が多いからです。

もし売りたいカセットテープがいくつかあれば、全て一緒に買取に出しましょう。

音楽カセットはちゃんと聞けるか確認をする

音楽カセットの場合、ちゃんと聞けるか事前に確認しておきましょう。

昔から使っているカセットテープは、劣化により壊れてしまっていることもあります。聞けない音楽カセットは買取してもらえない場合も。

事前に動作確認をして、売るようにして下さいね。

未使用品は未開封のまま売る

未開封のカセットテープはそのまま売りましょう。

というのも開封してしまうと、中古扱いになってしまうからです。特に録音用カセットの場合、未使用と中古では査定額に大きな差が出てしまいます。

ですから使っていないものは、未開封のまま売りに出すことをおすすめします。

まとめ:カセットテープは売れる!捨てずに買取に出そう!

今はあまり使われなくなったカセットテープですが、買取需要は未だあるので捨ててしまうのは勿体ないですよ!

家にあるどんなものでもお金に換えられる可能性は十分にありますから、捨てる前にまずは査定依頼に出してみることをおすすめします!

もしいらないカセットテープがあれば、今回ご紹介した内容を参考に買取に出してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめ↓
レコードプレイヤーの買取は古くてもOK?売る方法や高額買取のコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。