屋久杉のテーブルを売りたい!高値で売る方法・ポイント・コツ・注意点は?

屋久杉のテーブル売る

屋久杉のテーブルをオーダーメイドでつくってもらったとしても、引っ越しなどの際に手放すことになるケースもあるでしょう。

オーダーメイド品は売却することが不可能かもしれないと不安になるかもしれませんが、実際には買取を行ってくれるサービスもあります。

全てのサービスで買取が期待できるわけではないものの、高値で売却できるケースも多いです。

屋久杉のテーブルを売却したいのであれば、買取相場や利用できる業者などを確認しておきましょう。

屋久杉のテーブルの買取相場はどのくらい?状態にもよる?

査定

もしも、屋久杉のテーブルを売りたいのであれば買取相場をチェックしておくべきです。これを知っておくことで、適正な価格で買取を行ってもらえるかどうか判断できるようになります。

サイズや制作者によって査定額に幅はありますが、高額査定となる場合は10万円から15万円程度の価格で売却できることがあると知っておきましょう。

実際に買取実績がある店舗では、12万円や16万円で買取を行っているケースもあります。

サイズが大きなものや制作者が有名なほど高くなりやすいですし、オーダー家具らしく独自の工夫が取り入れられているものも高額査定の対象となるケースがあると覚えておくと良いです。

状態によっても買取相場は異なってきますが、使用年数で左右されるケースは少ないと言えます。

屋久杉のテーブルは使うことで味が出る素材でもあるので、長く綺麗に使われているもののほうがアンティーク品として認めてもらえるケースも多いです。

子供がやってしまった落書き、へこみや傷などが目立つ場合は査定額が著しく下がってしまうリスクがありますが、経年劣化による色の変化は必ずしも査定額の低さに繋がらないと理解しておきましょう。

状態が悪いとお金にならないことがありますが、良いものと判断されると10万円以上になるかもしれないです。

積極的に屋久杉のテーブルを買取している業者3選!

おすすめ業者

屋久杉のテーブルを積極的に買取している業者には、「トレファク」があります。

こちらは総合リユースショップで、幅広く家具の買取を行っていることを知っておくと良いです。過去に屋久杉のテーブルを高値で買取している実績があり、安心して利用することができます。

大型のテーブルでも出張買取サービスで引き取りを依頼することができるため、持ち込みや宅配利用の大変さが気になる人でも心配ないです。

買取王」も積極的に屋久杉のテーブルの買取を行っており、関西より西の地域で出張対応しています。自分で持ち込むことが難しい場合でも安心です。

アンティーク製品やデザイナーが手がけた製品の買取に積極的なので、古いテーブルやオーダーメイド品でも高額売却できる可能性が高いと言えます。

Holly Hock」か家具専門の買取サービスであり、屋久杉製品の買取にも力を入れていることが特徴です。

静岡中心に展開している業者ですが、東京や名古屋を始めとする複数地域に店舗がありますし、屋久杉テーブルの場合は全国対応の出張サービスが利用できる可能性があります。

屋久杉のテーブルを売りたいのであれば、これらの業者の利用を前向きに検討してみてください。

屋久杉テーブルを高く売るための工夫・ポイントは?

ポイント

屋久杉のテーブルを高く売りたいのであれば、工夫しておけることがあります。

最初に、きちんとメンテナンスをしておくことが大事です。屋久杉は使うことで味わい深くなる素材だと言えますが、ノーメンテナンスで良いわけではありません。

汚れたときなどには早急に掃除する必要がありますし、売却を検討する段階で再度丁寧に掃除しておくことが重要です。

また、制作者や制作年を確認しておくことも大事だと言えます。不明でも買取の対象となることもありますが、制作者や制作年が査定額に影響を与えるケースは多いです。

知らない状態であれば本来より査定額が安くなる恐れもあるので、購入時に受け取った資料などから情報を確認しておきましょう。

そして、制作者などを証明する資料がある場合は、これも用意しておく必要があります。よほど特徴的な技術が取り入れられていたり、公式ホームページなどで制作者が販売したことを発信していたりしなければ、誰がつくったのか証明することができません。

名前だけ分かっていても証拠がないと査定額のプラスに繋がらない恐れがあります。高く売るためにも、証明となるものを用意しておけると良いです。

屋久杉のテーブルは高額査定を期待しやすいですが、こうしたポイントを意識しておくことで、より満足度の高い売却となる確率がアップします。

屋久杉のテーブルを売る時の注意点は何?

注意点

売却を検討するのであれば注意点も理解しておくべきです。間違った方法でクリーニングしないように気をつけておきましょう。

売る前にクリーニングする人は多いですが、コーティングや素材に影響を与える薬剤を使ったり、無理に作業して傷をつけてしまったりする恐れもあります。

買取価格が下がったり値段がつかなくなったりすることもあるので要注意です。

利用する予定のサービスの対応範囲をきちんと確認しておくことも大事だと言えます。

屋久杉のテーブルの買取を行っていても、オーダーメイド品は対応していないケースもあれば、特定の地域しか対応していない店舗もあるでしょう。

全国出張買取となっていても条件が決まっているケースもあるので、事前の詳細確認が必要不可欠です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。