照明器具は買取可能?買取基準やおすすめの買取方法を紹介!

照明を買い替えるとき、古い照明をそのまま処分してしまう方も多いと思います。

しかし、古い照明を処分してしまうのはもったいないんです!

照明器具はインテリア性・実用性の高いものなので、需要のある商品です。

照明器具の状態によっては高く売れることもあるので、不要になった照明がある場合には処分する前に一度買取業者に依頼することを検討してみることをおすすめします。

今回は、照明器具は買取可能なのか?買取基準やおすすめの買取方法を紹介します。

照明器具は買取可能

照明器具は、日常生活においてなくてはならないものです。

ですから、中古のものでも需要が高く買取されやすい商品であるといえます。

デザインや種類、状態によっては高額買取が期待できる可能性もあるんです。

照明器具の種類というと、

  • シーリングライト
  • スタンドライト
  • 間接照明
  • 吊り下げライト(シャンデリアタイプ)

などがあります。

一番人気なのはシーリングライトです。

シーリングライトと言うのは天井に取り付ける一般的な円盤の形になっているライトのことです。

和室や洋室など、部屋のタイプも選ばずにつけることができます。

用途に合わせて使い分けができるし、どんな家でも合わせやすいという点から人気が高い種類になっています。

また、スタンドライトは色々なデザインがあり、自分の好きな場所において気軽に使えるということで人気があります。

照明器具の買取基準

照明器具は買取してもらえるものもありますが、買取不可の場合もあります。

どんなものが買取可能で、どんなものが買取不可なのか見ていきましょう。

人気があるのはブランドもの

照明器具にもブランドものとそうでないものがあります。

ブランドものの照明器具はデザイン性も高く、人気があります。

  • アングルポイズ
  • ヴィータコペンハーゲン
  • ルイス・ポールセン
  • PH5

これらのブランドの照明器具は人気が高く、オシャレなデザインであるということで需要も高いので高額買取が期待できます。

シーリングライトなどはネットショップなどで安いものだと3,000円程度で買えるものも多いので、ノーブランドのものは値段が安くても需要が低いので買取してもらえない可能性が高いです。

新しいもの・状態のいいもの

どんなものでも、新しいものや状態のいいものというのは買取されやすいです。

照明器具でも、新しくキレイなものや状態の良いものと言うのは積極的に買取が行われています。

逆に、人気のブランドのものであっても状態が悪かったり古すぎるものだと買取してもらえないこともあります。

壊れている場合にはそもそも買取自体不可なので、自治体のルールに従って処分するようにしましょう。

照明器具の買取方法

照明器具を買取依頼に出す場合、どんなところに依頼すればいいのか紹介します。

リサイクルショップ

近所にある不用品を買取してくれるリサイクルショップに依頼する方法があります。

リサイクルショップでも、家電を取り扱っているところを選ぶようにしましょう。

人気のあるブランドの証明や、状態のいいものであれば高く売れる可能性も高いです。

不用品をまとめて引き取ってくれるので、照明と一緒に査定を依頼するのも便利です。

取り外しなども行ってくれるリサイクルショップもあるので、一度相談してみるといいでしょう。

照明器具専門買取業者

照明器具を専門に買取を行っている業者もあります。

照明器具に関する知識をしっかり持ち備えているので、丁寧に査定して適切な買取金額を提示してもらえるというメリットがあります。

もし「この照明には価値がある」という場合には、照明器具専門の買取業者に相談して査定依頼をしてみましょう。

フリマアプリやオークションサイト

メルカリヤフオクなどのオークションサイトでは、自分が思っているよりも高く売れる可能性があります。

自分で売却額を決めることができる、自分のタイミングで売れるというメリットがあり、意外なものでも買い手がつくので人気です。

しかし、照明器具はサイズも大きく、自分で取り外し、清掃、梱包、発送まで全て行う必要があるのでかなり手間がかかってしまいます。

照明器具を買取依頼するなら一括査定がおすすめ

「おいくら」は、一括査定サービスを行っているサイトです。

どこで売ったら一番高く売れるのか、何カ所も査定してもらうのはなかなか難しいものです。

特に照明器具はサイズも大きいので持ち運びするのも一苦労。

いくらで売れるのか知りたい!という場合には一括査定がおすすめです。

「おいくら」は、全国のリサイクルショップと連携して複数のショップに査定依頼を出すことができます。

一番高い値段で売れるところを選べるので手間いらずでお得に手放せるのが魅力です。

全国どこでも無料で利用できるので、売りたい照明器具がある場合には是非活用してみてください。

まとめ

不要になった照明器具がある場合には、すぐに処分してしまうのではなく、買取に出すことも選択肢に入れてみることをおすすめします。

ノーブランドのものでは難しいですが、ブランドものの照明の場合には高額買取も期待できます。

一括査定サイトを利用して、一番高く売れるところを探すのもおすすめです。

是非、参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。