ガラケーは買取してもらえる?使わない携帯電話にプレミア価格が付くかも!?

使わなくなった携帯電話(ガラケー)を、そのまま処分していませんか?

スマホが主流となった今ですが、ガラケーの需要はいまだあり続けます。逆に発売台数が減ったことにより、人気のガラケーにはプレミアム価格が付くなんてことも。

そのため使わないガラケーを捨ててしまうのは勿体ないです。買取依頼に出せば、思わぬ金額で売れるかもしれませんよ!

今回は使わなくなったガラケーの処分に困っている方のために、買取依頼を勧める理由や買取してもらうコツを詳しくご紹介したいと思います。

携帯電話の買取でガラケーが売れる理由

現在ほとんどの人がスマホを使っている背景で、ガラケーの中古品需要が高まっているのは、利用料金や使い勝手に理由があります。

スマホは確かに便利ですが、電話しか使わない人にとってはガラケー時代と比べて利用料金がかなり高く感じるはずです。最低限のプランにしても月5,000円程…。

しかしガラケーなら月額1,000~3,000円程で使えます。ネットサービス等を使わないのであれば、月額を抑えられるガラケーで充分です。

またスマホは余計な機能が多すぎることから、ガラケーを愛用し続ける人も多いですね。動画視聴やアプリなどはタブレットを使い、携帯電話としてガラケーを持つ、なんて使い方をする人も多く見られます。

このように以前と比べ需要が減ったとはいえガラケー需要がある現状ですが、生産台数は減少しています。

Panasonic(パナソニック)や東芝など、全盛期にガラケーを多く生産してきたメーカーは、既に携帯電話事業から撤退してしまいました。

もう新しく買うことができないため、中古品需要が高く高値で取引されることが多いのです。

ガラケー(携帯電話)を買取してもらうポイント

ガラケーは捨てるよりまず、買取依頼に出してみるのがおすすめ。ここからはガラケーを買取してもらうためのポイントを、一緒に見ていきましょう。

データを初期化(リセット)する

買取依頼に出す前はまず本体のデータを初期化しましょう。

データ削除ができない端末は中古品として売ることができません。業者によっては初期化作業を代わりに行ってくれますが、査定前に事前に初期化してくることを条件としているところもあります。

またおサイフケータイ機能を使っていた方は、こちらも別途でリセットしなくてはなりません。契約元の各キャリアショップに端末を持っていけば、初期化してもらえます。

SDカードなどを使用していた方は、個人情報が多く入っているはずですから、査定前に必ず抜いておくようにしてくださいね。

できるだけ綺麗な状態に掃除する

ガラケーは査定前にできるだけ綺麗な状態に掃除しておきましょう。

スマホと比べてパーツが細かいため、ボタンの隙間や電池パックのフタなど、汚れやほこりが溜まりやすいんですよね。綿棒や乾いた柔らかい布などを使い、丁寧に汚れやほこりを落としましょう。

コンディションが悪いガラケーは、査定額が落ちてしまう可能性があります。綺麗な状態にすることが、高額査定へと繋がりますよ。

購入時ついていた付属品も一緒に売る

購入時についていた付属品も一緒に売るのが理想的です。

充電器やイヤホン、外箱に冊子など、基本的にあるものは全てまとめて売りましょう。また一番大事になるのが電池パックです。ガラケーの電池パックは消耗品になるため、使える状態のものを一緒に売る必要があります。

キャリアの保証内容によっては、消耗が認められる電池パックを無償交換してもらえることもあります。もし膨らみがあり電池の減りの速さを感じるようでしたら、保証プランを確認して契約元のキャリアショップで交換依頼をすると良いかもしれません。

付属品が揃っているか揃っていないかでは買取価格が大きく変わりますから、持っている方は必ず一緒に売るようにしてくださいね。

買取が難しいガラケーはある?

中古品需要が高まっているガラケーですが、なかには買取が難しい場合もあります。

SIMカードが挿せないもの

ひとまとめにガラケーといっても、現在まで使われているようなSIMカードを挿すタイプではないガラケーもありますよね。SIMカードが挿せないガラケーは基本的に売れません。

どれが該当するかというと、ショルダーフォンと呼ばれる肩にかけて使う携帯電話や、その後小型化されたSIMカードを使わない古いタイプのガラケーです。

これらはあまりに古すぎるため、レトロアイテムを取り扱うリサイクルショップでは需要があるかもしれませんが、携帯電話の買取業者では基本取り扱ってもらえません。

中古品として需要があり買い取ってもらえるのは、あくまでSIMカードが挿せるタイプのガラケーです。

故障や破損が目立つもの

故障や破損が目立つものは買取不可となるケースが多いです。

充電ができない、SIMカードが読み取れないといった故障や、塗装の剥がれや傷が目立つ、電池パックが著しく膨らんでいるなど。状態が悪いものは人気の機種だとしても買取が難しいことも。

あくまで中古品として販売できることが前提となりますから、買い取ってもらえたとしても査定額が落ちる可能性が高いです。

まとめ:ガラケーは思わぬ値段で売れることも!まずは査定に出そう

ガラケーは中古品需要が増えていますから、人気の機種は思わぬ値段で売れることも。

使わなくなったガラケーの処分を考えている方は、まず査定に出すことをおすすめします。家にある使わないものがお宝になることって、まれにあるんですよね。

ガラケーの買取依頼を考えている方は、今回ご紹介した内容をぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。