ジャンクiPhoneはなぜ売れる?買取相場&高価買取のコツやおすすめの買取業者3選

iPhoneは長持ちしますが、画面が割れやすかったり急に壊れてしまったりします。

画面割れしていたり壊れていたりすると、機種変更をする際にも下取りできず損をしてしまうということもあるはずです。

しかし、買取業者であればジャンクのiPhoneでも買取してもらうことが出来ます。

ジャンクiPhoneはどうして売れるのか、気になりますよね。

今回は、ジャンクiPhoneがどうして売れるのか、また買取相場や高価買取のコツ、おすすめの買取業者を紹介します。

ジャンクのiPhoneはなぜ売れる?

ジャンクのiPhoneはどうして売れるのでしょうか?

理由について見ていきましょう。

ジャンク品とは

iPhoneのジャンク品というのは、壊れているiPhoneのことを言います。

中古品として売るには状態が悪く、画面が割れていたり正常に作動しないもののことです。

ジャンク品の例としては次のようなものが挙げられます。

  • 動作不動
  • Bluetooth又はWi-Fi故障
  • 充電不能
  • カメラ故障
  • ボタン不良
  • 画面割れ
  • 背面割れ
  • 水没

ジャンク品にも完全に動作しない完全ジャンクや画面が割れていたりするだけのジャンクなど様々です。

しかし、どんな状態のジャンク品でも買取してもらうことが出来ます。

ジャンク品でも売れる理由

iPhoneは、本体価格がどんどん高くなってきています。

ジャンク品でもiPhoneが売れる理由としては、

  • 画面割れなどであれば修理して再販出来るから
  • 分解すれば使えるパーツを取り出して、他のiphoneの修理に回せるから

というものがあります。

画面割れなど、外の部分が壊れているだけで、中身は壊れていなければ修理などに回して使えるから、需要があるということです。

部品だけの需要はかなり高く、買取ショップなどでもジャンクコーナーが設けられているところがあるほどです。

一般の人でも部品を求めている人が多くなってきているということでしょう。

ジャンクのiPhoneの買取相場

ジャンク品のiPhoneの買取相場を紹介します。

  • iPhone13ProMax・・・~100,000円
  • iPhone13Pro・・・~90,000円
  • iPhone13mini・・・~50,000円
  • iPhone12 Pro Max ・・・~60,000円
  • iPhone12 Pro ・・・~47,000円
  • iPhone12 ・・・~29,000円
  • iPhone12 mini ・・・~18,000円
  • iPhoneSE 第二世代 ・・・~26,000円
  • iPhone11 Pro Max ・・・~27,000円
  • iPhone11 Pro ・・・~19,000円
  • iPhone11 ・・・~16,000円
  • iPhoneXS Max・・・~12,000円
  • iPhoneXS・・・~9,000円
  • iPhoneXR ・・・~9,000円
  • iPhoneX ・・・~6,000円
  • iPhone8 Plus ・・・~6,000円
  • iPhone8 ・・・~4,500円
  • iPhone7 Plus ・・・~4,500円
  • iPhone7 ・・・~3,000円
  • iPhone6s Plus・・・~2,000円
  • iPhone6s ・・・~900円
  • iPhoneSE ・・・~3,000円

 

状態や買取業者によっても買取相場は異なりますが、参考程度に見ておいて下さい。

自分の持っているジャンク品のiPhoneの詳しい査定額が知りたい場合には、買取業者に査定を依頼してみましょう。

ジャンクのiPhoneを高価買取してもらう4つのコツ!

ジャンク品のiPhoneを出来るだけ高い値段で買取してもらうためのコツを紹介します。

【1】SIMロックを解除する

iPhone6s以降の機種においては、SIMロックを解除してから買取に出せば買取金額がアップします。

SIMロックを解除しておくことで、再販の対象者が広がり、売れやすくなるからです。

【2】人気の色はすぐに売る

機種は同じでも、色によって買取金額が変わります。

人気のある色であれば壊れた時点ですぐに売れば買取金額がアップします。

パープルやグリーンなどの色味は年齢や性別問わず人気があります。

【3】キレイにしておく

例えジャンク品であっても、見た目をキレイにしておくことは大切です。

清潔感があって、丁寧に使われていたことが分かるように表面やカメラのレンズを専用のクロスなどで丁寧に拭いておきましょう。

【4】付属品は全て揃えておく

ジャンク品のiPhoneは本体だけでも売ることは出来ますが、箱や充電器、イヤホンなどの付属品は出来れば全て揃えて買取してもらうほうが査定額がアップします。

付属品が足りないと減額対象にもなりますので、査定前に探して揃えておくようにしましょう。

ジャンクのiPhoneのおすすめの買取業者3選

ジャンク品のiPhoneのおすすめの買取業者を紹介します。

【1】iPhone55

iPhone55は、ジャンク品のiPhoneであっても無料でオンライン査定が可能です。

成約率は98%と高く、顧客満足度が高いことが分かります。

ジャンクのレベルも細かく設定出来るので買取してもらう方法もわかりやすいです。

箱にiPhoneの端末を詰めて送るだけで簡単に宅配買取が可能です。

当日査定、即入金なのですぐに現金が欲しい!という場合にも活用出来ます。

キャンセルする場合にも返送料は無料なのでよけいな費用がかからないのも魅力です。

【2】Amemoba

Amemobaは、iPhone、iPad買取価格No.1に挑戦している買取業者です。

店頭買取、宅配買取、法人買取など幅広く対応しています。

中古品だけでなく、ジャンク品や未使用品でも買取可能。

修理も行っているので、ジャンク品も積極的に買取を行っています。

【3】MOCHIZUKI

MOCHIZUKIは、Apple製品の取り扱い実績多数の専門店です。

ジャンク品も積極的に買取を行っていて、「動作不能」や「画面に線が入ってしまっているもの」も買取可能です。

付属品がなくても買取してくれるので安心して査定してもらいましょう。

年中無休で買取を行っているので、急に売りたくなった場合でもOKです。

店頭であればその場で現金化可能。

遠方の場合でも全国送料無料で郵送対応可能なのでとても便利です。

まとめ

ジャンクiPhoneはなぜ売れるのか、買取相場や高価買取のコツ、おすすめの買取業者を紹介しました。

iPhoneは普段の生活の中でジャンク品になりやすいです。

ジャンク品でも高価買取してもらえる業者を探して、オトクに買取してもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。