iPhone 6sは画面割れでも買取可能?買取相場や買取業者の選び方の5つのコツを紹介!

iPhoneといえば、定期的に次々と新作が出るのでそのたびに買い替えている人も多いはずです。

日本にはiPhoneユーザーが多く、Androidよりも使いやすいということで人気があります。

iPhone 6sは古い機種にはなりますが、まだ買取は可能です。

古くなっていたり、画面割れをしている人もいるはず。

そこで今回は、画面割れしたiPhone 6sでも買取可能なのか、買取相場やおすすめの業者を紹介します。

また、2022年6月に最新バージョンのOS「iOS16」が発表され、iPhone7以前の機種が非対応となってしまいます。

iPhone 6sは出来るだけ早く手放すことをおすすめします。

iPhone 6sは画面割れでも買取してもらえる

画面がひび割れていたり、バキバキに割れているいわゆるジャンク品であっても、iPhoneは買取してもらえます。

モデルによっても変わりますが、積極的に買取している業者というのは実は多いんです。

画面が割れていても売れるのは、修理をすればまた使えるからです。

画面が割れているだけなら、画面を変えればまた使えるし、壊れていたとしても使えるパーツを取り出して別のデバイスに使用することができます。

ですから、画面割れしているからどうせ買い取ってもらえないだろうと諦めてしまわず、一度査定に出してみることをおすすめします。

画面割れのiPhone 6sはどこで買取してもらえる?

画面割れのiPhone 6sを買取してくれるところを見ていきましょう。

【1】iPhone修理店

iPhoneの買取や修理を行っている業者であれば、画面割れをしていても買取してもらえます。

リサイクルショップなどでは画面割れのiPhoneを買取してもらえないことも多いです。

必ず、修理できる環境のある業者を選択するようにしましょう。

【2】スマホ買取専門業者

通常のリサイクルショップでは画面割れのiPhone 6sを買取してもらえない場合もありますが、修理店と連携していたり、スマホを専門に取り扱っている買取業者であれば可能性はあります。

しかし、買取金額は低くなってしまうかもしれません。

iPhone 6sは下取りではほとんど値が付かない

iPhone 6sを処分する方法では、買取ともうひとつ下取りに出すという方法もあります。

下取りというのは、スマホの販売業者が機種変更をするときに新しい端末の購入額から値引きしてくれるシステムのことです。

下取りのほうが条件が厳しく、画面割れしているiPhone 6sでは値が付きません。

もしも下取りに出したいという場合には、無料保証などで修理をしてからということになるでしょう。

iPhone 6sの買取相場は?

iPhone 6sは、カラーや容量、本体の状態によっても買取価格は変動します。

  • 16G・・・1,000~3,000円
  • 32G・・・3,000~5,000円
  • 64G・・・3,000~6,000円
  • 128G・・・4,000~7,000円

状態や人気の色によってはこれよりも高くなったり、使用感が多いものであれば低くなったりすることもあります。

画面割れしている場合には、大幅に査定額が下がります。

数100円と言うところも多いですので、色々な業者で査定して比較したほうがいいでしょう。

iPhone 6sを高く買い取ってもらうための業者の選び方5つを紹介!

iPhone 6sをできるだけ高く買い取ってもらうための買取業者の選び方を紹介します。

【1】買取してもらえるのか確認する

画面割れしていても買取してもらえるのか、ジャンク品は取り扱っているのかを確認しましょう。

取扱いしてもらえない場合でも買取してもらえるところもありますが、ほとんど値段が付かないような金額になってしまいますので注意が必要です。

また、残債がまだ残っている場合には買取してもらえない可能性もあります。

【2】買取価格をチェックする

ホームページなどで、iPhone 6sの買取価格をチェックしておくことも大切です。

買取価格は需要や在庫などによっても変わります。

最新機種が出れば出るほど古い機種は値下がりしますので、早めに売るようにしましょう。

また、キャンペーンなどもチェックしておくと良いですね。

【3】手数料などが無料かどうか

買取業者によっては、宅配買取をしてもらえるところもあります。

梱包キットや送料などの手数料がかからないところを選ぶようにしましょう。

特に画面割れしているiPhone 6sだと買取価格は大幅に下がり、手数料のほうが高くついてしまうということにもなりかねません。

振込手数料などもありますので、手数料が1円たりともかからないところを選ぶといいですね。

【4】買取実績

買取業者は、各ホームページで買取実績を公開しています。

自分の売りたいものがどれぐらいの値段で売れているのかをチェックし、一番高いところを選ぶようにするといいでしょう。

【5】キャンペーンをチェックする

iPhone 6sを買取している業者は、キャンペーンを行っている場合も多いです。

SIMロックを解除しているか、特定の端末によっても買取金額をアップするキャンペーンが行われていることもあります。

キャンペーンを利用することで、通常よりも高く買取してもらえるので、自分に合ったキャンペーンを実施しているところを選ぶようにしましょう。

iPhone 6sの買取業者を探すならヒカカクがおすすめ!

ヒカカク」は、国内最大級の買取比較サイトです。

最大20社一括査定が可能で、色んな買取業者に依頼して査定してもらうのではなく、一気に買取金額を比較することができるのでとても便利です。

買取実績や買取相場なども公開されているので、とても参考になります。

フリマアプリなどとは違い、売却時の手数料は不要ですので安心して利用することができます。

できるだけ高く買取してもらいたいという人は比較サイトを活用してみましょう。

まとめ

iPhone 6sを買取してもらう方法や、画面割れしていても買取可能なのかどうかについて紹介しました。

iPhone 6sは画面割れしていても業者によっては買取が可能です。

買取金額は通常の査定額よりも大幅に下がってしまうかもしれませんが、ただ処分してしまうよりは少しでもお金になったほうがいいですよね。

比較サイトなどを活用し、より高く買取してもらえるところを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。