電源がつかないiPhoneでも買取OK?処分するのはちょっと待って!

電源がつかないiPhoneを処分しようと考えている方、ちょっと待ってください!そのiPhone売れるかもしれません。

実は電源がつかないiPhoneを買い取ってくれる業者は多く、フリマアプリなどでも取引されているんです!iPhoneは中古人気が高いので、電源がつかなくても売れる可能性大ですよ!

そこで今回は電源がつかないiPhoneの買取の注意点や買取できないケースなどについて、詳しくご紹介いたします!

電源がつかないiPhoneでも買取OKな理由

全ての業者で買取可能なわけではないですが、電源がつかないiPhoneなどジャンク(故障)品を買い取ってる業者はたくさんあります。

なぜ電源がつかないiPhoneでも買取OKなのかというと、使い道があるからです。修理をしてリユースする場合もあれば、解体して必要な部品のみを再利用することも。

電源がつかないだけの場合、大体数千円前後で買取されていますが、iPhone8以降で状態がいいものだと数万円で買い取ってもらえることもあります。(2021年12月時点)

相場は変わりやすいですし古くなると査定額も下がりますから、電源がつかないiPhoneが手元にある場合すぐに買取依頼に出してしまうのが良いでしょう。

電源がつかないiPhoneの買取ができないケース

買取ができないケースもあります。どういった場合買い取ってもらえないのか、見ていきましょう。

本体が著しく破損している

電源がつかないだけならまだ良いのですが、その他本体の破損が著しい場合は買い取ってもらえないことがあります。

画面や背面のひび割れが目立つ、激しく湾曲してしまっているなど。修理や部品の再利用ができない場合、買取が厳しいこともあります。

ネットワーク利用制限がかかっている

キャリアで購入したiPhoneの場合、ネットワーク利用制限がかかかっていると買取不可または査定額減少に。

ネットワーク利用制限はiPhoneの分割代が支払われていなかったり滞っていたりした場合、キャリア側がネットワークの利用に制限をかけるものです。こちらのチェックが○になっていないと、買取してもらえないことも。

主なキャリアのネットワーク利用制限は以下サイトから確認できますので、事前にチェックしておきましょう。

Softbank
au
docomo

データのリセットができない

iPhoneを中古品として売る場合、データのリセットが必須になります。そのため自分または店舗側でもリセット作業ができないと、買取不可になってしまいます。

以前にデータを削除済みであればいいですが、電源がつかなくなってしまったiPhoneのデータは消せないですよね…。しかし業者によっては故障したiPhoneのデータ削除をできる技術を持っていますので、受け付けてもらえることも。

一点気を付けたいのが、フリマアプリやネットオークションに出品する場合です。iPhoneには個人情報が沢山入っていますから、データ削除できないまま売ってしまうのは大変危険なこと。

取返しのつかない事態になりかねませんから、データ削除できないものを売ることは控えましょう。

iPhoneを買取依頼に出す際の注意点

初めてiPhoneを買取依頼に出す方は、色々わからない点も多いと思います。ここからは注意すべき点について見ていきましょう。

自分名義であることが大前提

iPhoneを売る場合、自分名義であることが大前提となります。他人名義は家族の場合であっても買取依頼に出せません。

これは盗難品などの転売を防ぐためですね。本人確認をした上で、本人名義の口座に振り込まれる買取方法が一般的です。未成年の場合は保護者同伴または同意書が必要になりますので、事前に用意しておきましょう。

キャリア契約は解約しておく

キャリア契約されているiPhoneは、買取依頼前に解約する必要があります。

契約が残っていると売れないというわけではありませんが、解約または機種変更手続きをしないと、利用料金をずっと支払い続けることになってしまいます。

SIMカードを抜いたら解約できる、という誤った認識も一部で広がっていますが、解約手続きは契約先キャリアに申し込まないとできません。もう使わない場合は解約申し込みをした上で、iPhoneを買取依頼に出してくださいね。

SIMカードは取り外しておく

iPhoneに入ったSIMカードは取り外しておきましょう。

iPhoneを購入した際の外箱のなかに、SIMピンと呼ばれる細い針金状のものが同封されています。その先端をSIMトレイの穴に差し込めば、トレイが開き簡単に取り外しできます。

SIMカードはそのまま業者に渡せないので、事前に取り外しておきましょう。

まとめ:電源がつかないiPhoneでも処分する前に買取依頼に出そう

以上、電源がつかないiPhoneの買取についてご紹介しました。

電源がつかないからと処分してしまうのは勿体ないです!iPhoneは多少故障していても売れやすいアイテムですから、買取依頼に出してお金をゲットしましょう!

ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。