【訳ありOK】スマホ(赤ロム)の買取方法|失敗しない方法・ポイントとは?

そもそも赤ロムとは?どのんな状態のことを指す?

赤ロムとは?

携帯電話を所有している人は日本人口の9割以上を占めていると言われていますが、子供などを除けばほぼ100%と言えるかもしれません。

そのような中で、様々な携帯電話があります。やはり使う人のニーズによって形が変わってくるのが自然のことといえます。

携帯電話の中に赤ロムと呼ばれるものがあり、これは通信制限がかかっているものを意味しているわけです。もしこれを所有していて売却した場合、果たして売却できるか問題になります。

赤ロムのスマホを売る人の事情はどんなのがある?

どんな理由?

たまたま自分が所有している携帯電話やスマホが赤ロムの可能性は低いですが、最初からそのような設定になっている場合には赤ロムと考えた間違いありません。

これを売却する人が一体どのような事情がある人なのか気になるところです。一言で言えば、制限がかかっていると言う事は分割払いで滞納していることを意味しているわけです。

基本的に、スマートフォン自体は最近のものであれば高額なものが多く一括請求することはあまりありません。

もし100,000円近くするものを一括請求してしまうと、なかなか購入する人がいなくなってしまいます。ですが分割払いにすることで、毎月の負担額はそれほど変わらないものの、購入する人は負担が少なく感じてしまうものです。

ですが分割払いにした結果料金が支払えなくなる人もいます。そうすると、ネットワーク利用が制限されてしまう可能性があるわけです。これが赤ロムの状態で、これを使う人はあらかじめ制限された状態で購入することになるわけです。

これを避ける場合には、可能な限り支払いができるような状態の機種を購入することです。

例えば、100,000円のものは性能が高く購入したいと感じていても毎月の返済額が5000円から10,000円程度になることが多くなります。

その額が支払えるかどうかを購入前にイメージすることが大事です。

赤ロムのスマホを売る時の方法とは?

方法

自分が所有しているスマートフォンが、赤ロムだった場合、果たしてこれを売却することができるか問題ですが、結論から言えば売却することは問題ありません。

ではどのようにして売却したら良いのでしょうか。通常の携帯電話やスマートフォンの場合には、売却するのは何か問題がないはずです。多少画面に傷がついていても安値にはなるかもしれませんが、売却をすることは可能です。

赤ロムに関しては、基本的に制限がかかっており、実は新しいオーナーがそれを使った場合でも相変わらず制限がかかった状態になります。そのため、購入する人が少ないため取り扱いをしている店舗も少なくなるわけです。

まず、ネットなどで情報を検索しそのような機種のものでも買取してくれるところを探さなければいけません。合法か違法かと言えば、どちらでもないグレーゾーンと言えるのが現在の赤ロムの販売になります。

トラブルになるケースも多いため、お店を見つけるのはなかなか大変かもしれませんが、扱っているお店を見つけ安心できるところならばそのままお願いをした方が良いです。

いずれにしても、わざわざ制限がかかっているスマホの購入したいと考えている人も少ないことから買取価格に関してはあまり期待しない方が良いかもしれません。

赤ロムのスマホでも買取してもらえる業者3選

3選

現在もし赤ロムの携帯電話を売却した場合、一体どこのお店が買ってくれるか気になるところです。最近は、遠くの店でも宅配買取等を積極的に行ってくれるところが多くなります。

宅配買取とは、お店のほうに電話をして買取をしてもらいたいとお願いをすると、その商品を宅配してくださいと言われます。

自分で段ボール箱などを用意することもあるかもしれませんが、お店でキットを発送してくれそのキットに返信するような形でお店に送るわけです。送料がかからないケースもありますが、送料がかかることもあるかもしれません。

いずれにしても、いくつかのショップを知っておくことが必要になります。

1つがドラゴンモバイルと呼ばれるお店で、東京都千代田区にあります。この店の近くに住んでいなくても、問題なく買い取ってくれるのは間違いありません。

2つ目は、携帯買取jpと呼ばれるお店になります。関東を中心に、渋谷や埼玉県の大宮などにお店があり、様々な携帯電話を買い取りしているのが特徴かもしれません。

LINEで査定をしてくれるため、まずはどれぐらいの金額になるか査定をしてもらうと良いです。

それ以外にも、iPhoneプラザと呼ばれるお店もあります。安心して取引ができる会社の1つですが、不正で入手した場合や違法で入手した場合などは売却することができないため注意をしなければいけません。

赤ロムのスマホを売る時の注意点は?

チェックとトライ

何らかの理由で赤ロムになってしまった場合、これを売却するときにはどのような注意点があるのでしょうか。

1番の注意点は、それを明確にお店の人に伝えることです。

現在制限がかかっている状態になっていることを伝え、そうすると買取をしてくれないところもありますが、あらかじめ買取をしてくれるところをピックアップしておけばそこで面食らうこともなくなるでしょう。

後はどのような理由でその状態になったかも明確にしておくことが必要です。

一般的には、料金の支払い等が滞っている場合がこれに該当しますが、中には海外から良い方で入手したようなものもあるかもしれません。

この点は所有している本人もわからないかもしれませんが、この場合にはどこで購入したかなども説明できるようにしておくべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。