10年以上前のテレビを売りたい!買取できるテレビの条件と処分方法

10年以上前のテレビを買取できる条件と処分方法


古いテレビを処分するとき、壊れていなければどこかで買い取ってもらえないかなと考えますよね。ですが、10年以上も前のテレビだと買い取ってもらえるのか不安になると思います。

中古のテレビの買取というと大抵はリサイクルショップへの持ち込みを考えるでしょう。実店舗への持ち込み以外には宅配買取や出張買取などもあります。どの方法で買取してもらうのがベストなのかも迷ってしまいますね。

今回は、10年以上前のテレビでも買取ってもらえる条件と、おすすめの買取方法をご紹介します。買取できない場合のテレビの処分方法も合わせてご紹介します。

10年以上前のテレビは売れるか売れないか

売れるテレビの条件3つ

10年以上前の古いテレビでも次の条件を満たすようなら売れる可能性があります。

古いテレビでも売れる条件3つ

1.プラズマテレビ・液晶テレビ
2.普通に使用するのに問題のあるような故障がない
3.本体に目立つひび割れやキズがない

通常使用するのに問題のあるような故障がないのは前提条件ですね。本体に目立つようなひび割れやキズがあるのは大きなマイナスポイントなので、使用に問題がなくても値段がつかない可能性が高いです。

ブラウン管テレビは売れる?売れない?

プラズマテレビや液晶テレビは場合によって売れますが、もっと古いブラウン管テレビはどうなの?と気になりますよね。

実は、古いブラウン管テレビの中でも売れる物があります。ここでは売れるブラウン管テレビがどんなものかをご紹介します。

・ビデオ内蔵型テレビ(テレビデオ)
・ファミコン(スーパーファミコン)内蔵型テレビ
・レトロな見た目のブラウン管テレビ

オークションサイトでビデオ内蔵型テレビは平均約3500円、ファミコン内蔵型テレビは約80000円、レトロなテレビが約7000円ほどで落札されています。

リサイクルショップでは、査定の際にオークションサイトで中古相場を調べますので、上記のようなブラウン管テレビでも買い取ってもらえる場合もあるでしょう。

レトロなテレビは部屋のインテリアとしての需要がありますので、壊れていても買い取ってもらえることがあります。壊れて古いテレビが、買い取ってもらえてお金になったら嬉しいですね。

店頭買取、宅配買取、出張買取どれがおすすめ?

テレビの買取というと、リサイクルショップへの持込を考える方が多いと思います。店頭への持込以外にも宅配買取や出張買取があります。

どの方法がいいのか迷うと思いますので、ここではそれぞれの特徴を説明します。

店頭買取

メリット その場ですぐ査定結果が分かり、即現金化ができる。査定スタッフに詳しく話を聞いたり、価格交渉ができる。

デメリット 店頭まで出向く必要がある。店頭までテレビを運ぶ必要があり、大型テレビだと1人では運べない。値段がつかない場合は持ち帰らなければいけない。

宅配買取

メリット 店頭にに出向く必要がない。送料、キャンセル料、返送料が無料のところが多い。テレビ以外の物もまとめて査定してもらう事ができる。

デメリット 査定まで時間がかかる。即現金化ができない。箱に梱包する手間がある。

出張買取

メリット 店頭まで出向かなくていい。その場ですぐ査定結果が分かり、即現金化ができる。査定スタッフに詳しく話を聞いたり、価格交渉ができる。追加で査定をお願いすることができる。

デメリット 予約をする必要があり、当日すぐには買取できないことが多い。査定が終わるまで家にいる必要がある。

このようにそれぞれメリットやデメリットがありますので、自分のライフスタイルにあった査定方法を選択しましょう。

少しでも高く買い取ってもらうコツとは?


古いテレビを売るなら少しでも高く買い取ってもらいたいですよね。まずは、見た目をキレイにしましょう。キレイな状態にすることで、お店側も清掃する手間が省けますので査定額がアップします。

純正のリモコンやコード等の付属品があれば、必ずセットで付けるようにしましょう。リモコンがないと買い取れないという場合もありますので注意してください。

説明書や段ボールもあった方が良いですが、なくてもそこまで査定額には影響はないでしょう。

買い取ってもらえないときの処分方法は?


リサイクルショップなどで値段がつかなくて、買取ができない場合もありますね。テレビは家電リサイクル法の対象となるので粗大ごみには出せません。買取以外のテレビの処分方法をご説明します。

フリマアプリ、ネットオークションに出品する

リサイクルショップなどで値段が付かなかったテレビでも、フリマアプリやオークションに出品することで売れる可能性があります。
写真を撮影や梱包・発送など手間がかかってしまうところが難点ですね。

指定回収業者に依頼する

一般的なテレビは「家電リサイクル法」の対象となります。「家電リサイクル券」を郵便局で購入し、指定回収業者に持込をします。指定回収業者の所在地は、住んでいる自治体に問い合わせると良いでしょう。

処分するテレビを購入した店舗で回収してもらう

テレビを購入せずに処分だけする場合、その処分するテレビを購入した店舗で引き取ってもらうことができます。

他には不用品回収業者に引き取ってもらう方法もありますが、あまりおすすめしません。「一般廃棄物処理業」の許可を持たない無許可業者から、高額な処理費を請求されるなどトラブルもあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。